TOP > 法人のお客様 > 地下タンク・タンクローリー定期点検

地下タンク・タンクローリー定期点検

地下タンク等定期点検事業者認定 地(1)第40036
移動貯蔵タンク定期点検事業者認定 移(1)第40019
第二種電気工事士 在籍

定期点検の必要性

危険物施設における火災、流出の事故は施設周囲にまで拡大する大きな災害につながる恐れがあります。その際地域社会に与える影響は極めて大きなものがあります。
地下タンク等の施設は近年減少しているにもかかわらず、事故件数は増加傾向にあり、タンクローリーは大型化傾向、遠距離走行等の実態にあります。
早期の異常発見で被害を最小限に抑えるためにも「日常点検」+「定期点検」が必要です。

地下タンク等の漏洩検査

目視点検等で確認することができない「地下タンク」及び「地下埋設配管」に窒素ガス等の媒体を使って、気密漏洩がないかを確認する点検です。

*消防法で点検が義務づけられてます。

 埋設後15年以内の地下タンク⇒3年に1回
 埋設後15年を超える地下タンク⇒原則1年に1回

*検査実施日は圧力検査済証で確認できます。

検査事例 地下タンク貯蔵所

微加圧検査(気相部及び埋設配管)*圧力レコーダー
その他の方法(液相部)*全危協評10-4 ペアリークテスター

■ 漏洩センサー

■ 圧力レコーダー

■ ペリークテスター

検査事例 ガソリンスタンド

■ 2重殻タンク外殻検査

地下タンク等定期点検事業者認定 地(1)第40036

移動貯蔵タンクの漏洩検査

「タンク本体」に窒素ガスの媒体を使って、気密漏洩がないか圧力レコーダーや目視で確認する点検です。

*消防法で点検が義務づけられてます。 ⇒ 5年に1回

*検査実施日及び次期検査日は圧力検査済証で確認できます。

検査事例 多槽ローリー 加圧検査

■ 漏洩センサー

■ 圧力レコーダー

 

■ 多槽用圧力分配器

タンク各槽に均一に加圧することができます。(最大8槽)

■ 安全弁試験装置

安全弁はタンク内部の圧力が上昇した場合、タンク内に過度の圧力がかからないように設けてあります。(安全装置)
専用テスターで加圧して動作確認ができます。

検査事例 単層ローリー 加圧検査

移動貯蔵タンク定期点検事業者認定 移(1)第40019