企業情報 Company Infomation

TOP > 企業情報 > 林兼石油について

林兼石油について

1950年創立の崎陽石油を母体に、大洋漁業系列の石油販売各社が大同団結して誕生した林兼石油。
1957年に九州唯一の重油輸入業者となり、主にA重油を輸入。西日本地区における農業・林業・漁業等に多大な貢献を果たしてまいりました。
A重油を中心とし軽油・灯油の安定供給を支える備蓄及び輸送基地として、9ヶ所の油槽所を運営しております。これからもお客様の細かいニーズにお応えし、環境の変化に柔軟に対応した燃料供給体制に努めてまいります。
また、九州・山口・広島・大阪に直営29店舗、販売店32店舗のサービスステーションを運営し、地域の皆様に安心して充実したカーライフをおくっていただけるよう各種カーライフサポートを展開しております。このカーライフ事業の技術を用い、ご家庭やホテルなどの水回り関連設備のリメイク事業も行っております。
これからも林兼石油は時代や変化に対応した事業の展開を行っていきます。